やまぴのお気に入り

神戸在住 + アラサー + 専業主婦 +旅行 +ハイキング +カメラ

【神戸】人と防災未来センター

今朝、8時前に大阪北部を震源とする地震がありました。

マンションに居たので結構揺れた感覚でしたが、神戸は震度4だったようです。南北の横揺れだったのか、引出しが空いたり、引き戸が動いていました。マンションのエレベーターも止まるし、ガスも止まりました(ガスの復旧方法のネット情報は有難かったです)。

昨日は丁度、神戸市にある「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」へ行って来ていました。

カメラを持って行ったものの、写真を撮るようにはならなかったのでブログに載せるのは控えるつもりでしたが、今日こんなことが起こったこともあり、少し記しておきたいと思います。

 

人と防災未来センター

【目次】

 

無料入館日

阪神・淡路大震災の起こった1月17日にちなみ、毎月17日は無料入館日となっています。17日が休館日の場合は翌18日となるそうです。

f:id:yamap410:20180617144207j:image無料入館日でも、受付でチケットを発券してもらう流れでした。チケットには大人入館料の600円が記載されていますが、昨日は17日だったので無料で入館できています。

チケットに描かれている建物が人と防災未来センターで、綺麗で近未来的な外観の建物(特に西館)です。西館は夜になるとライトアップされ、一際存在感を放っています。

 

コース

チケットを受け取ると、案内までの待機場所を案内されました。10分ほど待って、最初は団体行動のスタイルで映像等を見て回ります。

公式HPに載っていたモデルコース

人と防災未来センター観覧モデルコース | 人と防災未来センター

と同じ感じに回っていました。

正に滞在時間は2時間ちょっとでした。

 

 

感想

人と防災未來センターには関西出身の方も多く来られているようで、語り部さんをはじめ、家族間で震災体験にまつわる思い出話をしている年配の方も多かったです。私の地元は自然災害が比較的少ないということもあり、印象的な光景でした。

また、動画などの情報量に関しては東日本大震災のものが充実しており、自然の脅威と同時に人々が持つパワーを感じました。

このセンターに行ったからといって震災から身を守れる気は私は全くしませんが、知る機会があるということは有難いことだと思います。

今回の見学から肝に命じておきたい学びは3点

  • 寝室はなるべく一階にはしない(建物崩壊による一階での圧死割合が高い)
  • 津波の危険性がある場合は、すぐになるべく安全な場所(高い場所・遠い場所)へ避難
  • 家族間で避難場所等を相談し、備えをしておく(何気に凄く重要)

 

1週間以内は余震等に警戒すべきというニュースもあります。少し前も余震がありました…どうか落ち着いていきますように。