やまぴのお気に入り

神戸在住 + アラサー + 専業主婦 +旅行 +ハイキング +カメラ

【アメリカ】8泊11日4州周遊③2日目ニューヨーク

アメリカ旅行2日目

【目次】

 

アメリカ2日目の行程

(1)朝食はLeo's Bagels

ホテルがウォール街だったので、朝食を近場で探しました。

朝も早くからオープンしていて、人気のベーグル屋さんLeo's Bagelsに決定!

私は自分でベーグルを作るほどのベーグル好きなので、朝からワクワク!!!

店内はご覧の様に人々で賑わっていました。

f:id:yamap410:20180503160622j:plain

基本はベーグルのパンと中に挟む具材(クリームやハム等)を指定して、オリジナルのベーグルを注文するスタイルです。

英会話に問題のない方はなんら注意することはありませんが

英語が苦手な人は、ちょっと難しいかも。

上の写真を見ての通り、カウンターからパンを指差しできる距離じゃないし(写真右上の赤い棚の下のバスケットに入っているのがパン)、馴染みの無いクリームの種類は色々あるし…

ということで、困った時は店員さんのオススメを注文します(笑)

 

お店の前には店内の飼い主を待つキャバリアがいました。カワイイ

f:id:yamap410:20180503160658j:plain

 

出来上がったベーグルはこの紙袋に入れて渡してもらいました。

f:id:yamap410:20180503160726j:plain

中身は、、、ジャーーーン!!!ガッツリ〜〜笑

ベーグルというより、最早バーガー(笑)温かかったです。

f:id:yamap410:20180503160752j:plain

ブラックペッパーが効いていて、ベーコンはカリッカリ。玉子は固め。

見た感じボリュームがある様に見えるかもしれませんが、その予想以上にボリュームがあります(笑)

確かにオススメを教えてくれたのは、若めのパワーありそうな男性でしたが。

まあ、これも思い出です。

英語が苦手な方はLeo's Bagelsで食べたいベーグルを画像検索して、スクリーンショットしたものを店員さんに見せるのが有効的かもしれません。

また近くに行った際はリベンジしたいオススメのベーグル屋さんです!

 

(2)無料フェリーで自由の女神を観光

ニューヨークで観光しておきたい中の一つは自由の女神

ということで、自由の女神の観光方法を色々調べました。

すると何やら、無料で利用できるフェリーに乗って、自由の女神に近付けるとの情報が!

この無料で乗れるフェリーとは

ニューヨーク市が運用するマンハッタン島とスタテン島を繋ぐ船とのこと。

マンハッタン島は地価も高いですし、スタテン島はベッドタウン的な感じなのかなあと思います。

スタテン島に住む方が、この無料フェリーを利用してマンハッタン島へ通勤・通学するそうです。

 

【地図】

f:id:yamap410:20180503180236p:plain

  • 赤ピン:自由の女神像のあるリバティ島
  • 青丸マーク上:マンハッタン島の南に位置するフェリー乗り場
  • 青丸マーク下:スタテン島の北に位置するフェリー乗り場

このフェリー乗り場間を24時間運行しています。

前回の記事で、夕食後にバッテリー公園を散歩していたのは、フェリー乗り場の下見を兼ねてでした。

夜も多くの人々が利用していましたが、フェリーが思っていたより大型船だったことと、定期的に運行している様子だったので、フェリーに乗れないという事態にはならないだろうな〜と思いました。

フェリーターミナルに入ると目の前にに階段があります。

2階フロアの突き当たりにある行き先が書かれた電光掲示板前で乗船を待ちます。(他にも必ずフェリーを利用する方が居るのですぐ分かります)

乗船可能になると、ゲートが開き、人々が乗り込みます。こんな感じ

f:id:yamap410:20180503160815j:plain

自由の女神を見るためには、船のどの場所に居ればいいのか?ということですが

答えは、行きは乗船時フェリー向かって右側。帰りは左側です。

フェリーは旋回することなく、目的地へ向かいます。

フェリーに乗る時は単純に、自由の女神が存在しているであろう場所に近いと思う場所へ向かったので大丈夫です。

もし、自由の女神側に行けなかったとしても、フェリーは往復利用するでしょうから、復路でリベンジできます。

また、譲り合いもあったので安心して下さい。

フェリーはこんな感じで自由の女神を横切ります。

f:id:yamap410:20180503160848j:plain

正直に言って、バッテリー公園から見るのに比べると遥かに自由の女神像に近付けますが、それでもフェリー上からは遠いです(笑)

無料は有難いですが、私は次回ニューヨークへ行く場合にはお金を払って自由の女神像があるリバティ島に上陸し、自由の女神を下から眺めて「圧巻だあ!」と感じたいです!笑

f:id:yamap410:20180503160928j:plain

フェリーの乗船時間は片道30分足らず

スタテン島に到着したら、そのまま帰りたい場合も一度は下船しなければなりません。

同じ様に自由の女神観光目的の方が沢山いるので、何となく動いていたらマンハッタン島行きのフェリーに乗船できます。

帰りも行きと同じ様に自由の女神を見られるので、見損ねることはないはずです。

 

(3)セントラルパーク

フェリーを下船した後は地下鉄でセントラルパークまで北上!

セントラルパーク内は緑に溢れており、コンクリートの通行レーンではジョギングをする方も大勢いました。

 

ジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池

セントラルパーク内にある大きな池で、昔は市民の飲料水として使用されていたそう。

f:id:yamap410:20180503161958j:plain

 

(4)メトロポリタン美術館

セントラルパーク内に立地しており、写真右側の建物がメトロポリタン美術館

f:id:yamap410:20180503161029j:plain

 

館内に入ってすぐのエントランス部分

f:id:yamap410:20180503161102j:plain

私が訪問した2017年5月時点では入館料は自身の希望額でOKでした。

私たちは一人1ドルを支払って、シールタイプの入場券を受け取り、服にその入場券を貼って館内を周りました。

現在(2018年3月1日以降)は入場料が定められており、大人25ドル、65歳以上17ドル、学生12ドル(12歳以下は引き続き無料)の支払いが必要です。

 

館内は撮影OK

f:id:yamap410:20180503161124j:plain

 

館内にあった癒しスポット

f:id:yamap410:20180503161148j:plain

f:id:yamap410:20180503161208j:plain

f:id:yamap410:20180503161231j:plain

 

思わず目がとまる可愛さ

f:id:yamap410:20180503161242j:plain

f:id:yamap410:20180503161304j:plain

f:id:yamap410:20180503161323j:plain

世界最大級の美術館だけあって、時代・国を問わず多くの美術作品が展示されていました。

居ようと思えば何時間でも滞在できます。全てを鑑賞することの方が難しいと感じました。

 

エントランス部分の様子

f:id:yamap410:20180503161337j:plain

館内には物販スペースも多くあり、色んな小物等が販売されていて面白かったです。

 

美術館を後にし、タイムズスクエアを目指します。

道中にあった風景

f:id:yamap410:20180503161441j:plain

f:id:yamap410:20180503161503j:plain

f:id:yamap410:20180503161545j:plain

 

(5)タイムズスクエア

タイムズスクエアといえば見掛けていた、人々が座る階段がありました。

中央の銅像フランシス・ダッフィー神父

従軍神父で、第一次世界大戦などにおいて負傷兵の収容で活躍されたそうです。

f:id:yamap410:20180503161605j:plain

 

私も階段に座って休憩

f:id:yamap410:20180503161625j:plain

f:id:yamap410:20180503161653j:plain

 

歩く自由の女神像

f:id:yamap410:20180503161723j:plain

 

日本でも馴染みあるライオンキングの広告

f:id:yamap410:20180503161807j:plain

 

アート引越センターのトラックも走っていました。

f:id:yamap410:20180503161826j:plain

 

(6)グランド・セントラル・ステーション

ターミナル駅で、地下にホームがあります。

立派な建物で、マンハッタンを代表する歴史的建造物です。

f:id:yamap410:20180503162123j:plain

 

中はこんな感じで開放感溢れていました。

f:id:yamap410:20180503162149j:plain

f:id:yamap410:20180503162202j:plain

f:id:yamap410:20180503162222j:plain

 

電光掲示

f:id:yamap410:20180503162243j:plain

見応えのある駅です!飲食できるコーナーもあったので、是非寄ってみることをオススメします。

 

(7)jack's store

コンビニのようなお店で、お菓子や日用品が売られています。

ランドセントラル駅の南に位置する、駅近の店舗へ行ってみました。

f:id:yamap410:20180503162306j:plain

お土産になりそうなお菓子や歯磨き粉を購入。

アメリカの歯磨き粉は、日本販売の物よりも歯が白くなる成分が含まれていると聞いたので買ってみました!

海外パッケージも洒落っ気があるし、日用品って貰い手も使いやすいですし。

 

(8)ブライアント公園

駅から近く、利用しやすい立地です。

セントラルパークとは比べ物にならない規模の小さい公園ですが、個人的にはマンハッタンで見掛けた公園の中で一番好きです。

f:id:yamap410:20180503161850j:plain

芝生内への立ち入りは自由で、子どもとボール遊びしている家族もいました。

芝生を囲む感じでベンチやテーブルもあります。

私は近くのスタバで好物のホワイトモカを購入し、ベンチで休憩しました。 

f:id:yamap410:20180503161916j:plain

 

芝生に転がって見えた風景。

ビルの中にも緑が共存するマンハッタンは過ごしやすいです。

f:id:yamap410:20180503162329j:plain

 

(9)ショッピング

ランドセントラル駅やブライアント公園近くにはショッピングビルも多くあります。

公園で休憩した後はお店を周りました。

アメリカのアパレルだと日本で買うよりも安く、ショッピングを楽しみ過ぎて、ビルの外に出ると夜になっていました。

f:id:yamap410:20180503162423j:plain

海外でショッピングが楽しいと感じるのは少ない方ですが、ニューヨークでの買い物は楽しかった〜!

カリフォルニア等へも行ったことはありますが、ニューヨークがNo. 1!

アメリカの馴染みあるブランドって思っていたより多く、店舗もマンハッタンに集まっているので買い物しやすいんです。

次回ニューヨークへ行く時は、絶対ショッピングの時間を増やします。なんならショッピング目的で行きます。

アメリカのブランド、是非チェックしてニューヨークへ行ってみて下さい。

 

夜のタイムズスクエアにも寄ってホテルへ帰りました。

f:id:yamap410:20180503162447j:plain

f:id:yamap410:20180503162514j:plain

ニューヨークの夜を過ごすのは最後。

翌日はナイアガラへ向かいます!